北條義時寄進とされる運慶作 仏殿本尊

運慶作仏殿本尊

阿弥陀如来坐像(重要美術品・県指定文化財)

鎌倉時代の仏師、運慶の作と伝えられています。

北条義時の嫡子安千代が領内の大池で大蛇に襲われて命を失った折、 義時は北條寺を墓所とし供養のため七堂伽藍を建立、仏殿本尊を運慶に作らせたとあります。

これ以後運慶の作物は無いようです。 伊豆の無阿弥陀仏と呼ばれています。

関連情報はこちらから

本尊観音菩薩像