武家政権はここから始まる
巨徳山北條寺

源頼朝が源氏再興を祈願し、北条時政が挙兵を決意したのは巨徳山・北條寺

武家政権揺籃の地、伊豆

狭隘な平地から、全国に武家政権が走り出す

伊豆の地は、富士山の見える北西端の三島から南に向かい狩野川沿いに平地があります。

東西4キロほど、 南北12キロほど。面積にすると約50キロ平方メートルの狭隘地ともいえます。この地から武家政権の炎が全国に走ったのは摩訶不思議な感覚に襲われます。

北條寺から、東端の山麓は2キロもありません。まさに指呼の間。北條義時の墓所がある小四郎山から俯瞰すると武家政権成立にむかう夢や炎が今も眠っているようです。

往時の北条氏は原木地区が本拠とされ、山木館とは1キロ程度も離れていない可能性があります。

普段からの顔見知り、挨拶を交わす町内会の人間関係であったようです。

戻る

戻るボタン