武家政権はここから始まる
巨徳山北條寺

源頼朝が源氏再興を祈願し、北条時政が挙兵を決意したのは巨徳山・北條寺

北条時政に、源氏挙兵を告げた観音像

本尊観音像

観世音菩薩坐像・県指定文化財

北條寺本尊です。千二百年以前に日本に渡られ江間村に安座されていました。 往時安座された寺号を観音院と称していました。

源頼朝が源氏再興を祈願して巡祥した三十三観音の一つです。

北条時政も深く尊崇し、武運長久を祈願して100日間、観音院にあった観音堂に籠もったといいます。

時政は満願の明け方に夢のお告げをうけ挙兵。源氏再興をとげます。

時政の跡を継ぐ北条義時が、寺号を万徳山北條寺と改め爾来代々伽藍を建立し、寺領などを寄進したようです。

戻る

戻るボタン